Chief Sealth and Seattle, about diversity / シアルス酋長とシアトル、多様性について

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

At Around Pioneer Square.

This sculpture is a bust in stone of Chief Sealth, the leader of the Suquamish and the Dwamish.
The name of the city, Seattle, comes from this Chief.

In the U.S.A, they are called the Native Americans, having lived before the 1700’s when European immigration started.

After that, because of “Caucasian dominance and treaties like the Manifest Destiny, the Native Americans lost their places.

However, the Chief Sealth promoted him to live together with the immigrants peacefully so they built his statue to praise his work. But on the other hand, he felt suffering also.
He chose this way to avoid needles fighting and sacrificing lives, the immigrants destroyed the nature that the Native Americans had cherished easily and insisted their power with their own only.

Native Americans have no idea, own the land.

He left these words.
“Earth does not belong to us; we belong to earth. ”
“Humans merely share the earth. We can only protect the land, not own it.”

If we look at today’s America, there is a problem about rejecting immigrants. However, they were immigrants before.
Not only America, many countries tend to look at immigrants as a problem.
Japan is included.
But if you look at the long term, the results are different which era you take.

In Japan, the Ainu have been living in Hokkaido Japan since ancient times. But since Meiji-era(1860’s), the government started immigration and the Ainu culture was forbidden. Nowadays, their group has become small but their culture has been recovering little by little by the Ainu and who cares about it.

If you look at ancient Japan, the Jomon people lived in the whole land but the Yayoi people came from Asian continent, many, and their bloods were mixed with then it goes like today.

In Europe, there were many racial migrations in its history.

However, because of it, I would not say it’s needed to accept people unconditionally anyway.
Cultures consist of sharing the same language and customs. Then a country is one of the ways to inherit their culture, I think.

But if they become the same, there is no diversity.
If the world has a single culture only, how vain it is.
There is no joy to travel.
However, I would say an exclusive idea is wrong at all.
If where they are from is different, there are many people who love its country and cherish it. Also there are who look down others and who understand others well.
I belong to the “Japanese” category, but I love American music, food, and nature.
On the other hand, I met many Americans who like Japan.
The same thing can be said about Japan. And there are people who are Japanese look down on the same Japanese and who are foreigners who understand Japanese well.
It can be said not everything is wrong, but the problem is one of the tops who leads the whole.
I’m afraid that I don’t have clear answers for these issues now, but The important thing is to understand and respect each other and help each other, I believe.

To say more, America is a country where many cultures are living together and creating new culture, the most, and it is good thing of America, I think.

Besides, today’s earth environment has been changing a lot.
I think it’s time to remember words by Chief Sealth.
Then here, Seattle is a city which has a culture of Native American and Chief Sealth.

 


 
 

パイオニア・スクウェアにて。
この地の先住民族であるスカミッシュ族とドゥワミッシュ族の酋長シアルスの胸像です。
シアトルの名前はこの酋長に由来しています。

アメリカ合衆国にはヨーロッパからの入植が始まる1700年代以前は、ネイティブ・アメリカンと呼ばれる先住民族が住んでいました。

その後、マニフェスト・ディステニーなどを始めとする、いわゆる白人優位思想や条約により、ネイティブ・アメリカンは彼らの居場所を失ってしまいました。

でもこのシアルス酋長は入植者たちとの平和的な共存を進めたため、このような胸像が造られました。
でも酋長は一方でとても苦しみました。
無用な戦い・命の犠牲を避けるためであったものの、それまで彼らが大切にしてきた自然を簡単に入植者たちは破壊し、勝手に権利を主張してきたのです。

ネイティブ・アメリカンには土地を所有するという発想はありません。

彼はこのような言葉を残しています。
「土地は地球の一部であり、我々は地球の一部であり、地球は我々の一部なのだ。」
「人間は地球を共有することしかできない。私たちができることは、土地を所有することではなく、土地を守ることだ。」

今のアメリカを見ると移民拒否などの問題があります。でも元々は彼らも移民でした。
アメリカだけでなく、世界中で移民を問題視する傾向が増えています。
日本も例外ではありません。
でも長い目で見たら、それはどこの時代を切り取るかによって、結果が異なります。

日本の北海道には昔からアイヌという民族がいます。でも明治時代(1860年頃)に政府によって開発が進み、アイヌ文化は禁止されてしまいました。今では少数になってしまいましたが、少しずつ文化はアイヌとそれを大事に思う方たちの手によって復活してきています。

日本の古来、最初は縄文人と呼ばれる民族が全土を占めていましたその後アジア大陸から弥生人と呼ばれる民族が大勢来て、混血になり、今に至ります。

ヨーロッパ大陸でも沢山の民族移動が歴史上ありました。

でも、だからと言って、今の世界に対して、無条件に移民を受け入れることが必要と言うわけではありません。
文化は同じ言語・民族風習が共有されることによって成り立つからです。そして国はその集合体として、一つの文化継承の在り方だと思います。

でもそれが全て同じになってしまったら、多文化は存在しません。
単一文化になってしまった世界はなんと虚しいのでしょう。
旅をする楽しみもありません。
 
でもだからと言って、排他的な思想は全く間違っていると思います。
 
国の出身は違っても、その国を大好きなひと、大切に思うひとも沢山います。そして相手を馬鹿にするひとと理解しようとする人。
 
私は日本人というカテゴリーに属していますが、アメリカの音楽や食文化、自然が大好きです。
逆にアメリカ人で日本が好きという方にも沢山出会いました。
 
日本でも同じです。そして同じ日本人を馬鹿にする日本人もいれば、深く理解してくれる外国の方もいます。
 
全てが良くない訳ではなく、問題はその全体を率いる一部にあると思います。
これらの課題に対して明確な答えはまだ出せていませんが、まず、大事なことは、お互いを尊重して、理解しようとすること、そして協力し合うことだと思います。

そしてアメリカは多文化が共存しながら、さらに新しい文化を創ることが1番できている国だと思いますし、それがアメリカの文化の良い所であると思います。

そして今、世界の環境も大きく変化してきてしまっています。
シアルス酋長の言葉をもう一度思い出す時だと思います。
そしてこのシアルス酋長をはじめとするネイティブ・インディアンの文化も残る街の一つがシアトルです。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました