Tolkien and ‘A Spring Harvest’ / トール―キンと「春の収穫」

 

One of J.R.R.Tolkien’s best friends, Geoffrey Bache Smith wrote this poetry.
‘A Spring Harvest’.
This title sounds splendid and exciting!

In the movie, ‘Tolkien’, Geoffrey said to Tolkien, “May you say things I have tried to say long after I am not there to say them if such be my lot” in his last letter. So I thought I have to read it anyway.

There are many beautiful poems.
It’s written in English, besides old English, so it takes time to read, but it tells images of that world!
The rhythm and rhythm of words and expressions are splendid.
If I read King Arthur’s story, I can enjoy more.

The movie is wonderful and good casts. The story hit my mind, as such as the beautiful souls really exist.
The word is precious.
If you love words, you will be saved by words and you can save someone by your words. But it can be said opposite.

As Audrey Hepburn said, “For beautiful lips, speak only words of kindness”, this is it. Then beautiful words come from beautiful spirit.
It’s same in text.
If the world full of beautiful words, how beautiful the world will be, I imagine sometimes. It is extremely?

This book is kindle version, so I want to read with original book, next time!😍

トールキンの親友のひとりであるジェフリー・バッチ・スミス作の詩集です。
「春の収穫」
タイトルからしてゾクゾクしちゃうような素敵な響き!

映画の「トールキン 旅の始まり」の中で、ジェフリーがトールキンに宛てた最後の手紙で「僕の伝えられなかったことを伝えていってほしい。」とあり、これは何としても読まなくてはいけないと思いました。

とても美しい詩が沢山あります。
英語でしかも古い英語だから、余計読むのに時間がかかるのですが、イメージは伝わってきます!
言葉のリズム・韻、表現とかがとても素敵です。
アーサー王伝説とか古典を読んでるとさらに楽しめそう。💦 映画もとても素敵で、これがフィクションではなく、実話であるというのが、さらに心打ちました。こんなに美しい感情が本当にあるのだと。キャストも良いです。

言葉って本当に大事だと思います。
言葉を愛するひとはきっと言葉に救われると思うし、言葉で誰かを救うことだってできます。でも逆も然り。
オードリー・ヘップバーンが言っていたように、「美しい唇をするには、優しい言葉しか喋らないこと。」であると思います。そして美しい精神から。
それは文章でも同じで。
もし世界中に美しい言葉だけ溢れたらどんなに素晴らしいのに、と時々思う。極端かな。

この本はkimdle版なので、今度オリジナルの本で読みたい!😍

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました