Mr. Roger’s neighborhood / ミスター・ロジャースのご近所さんになろう

Now, there is a documentary program that I want you to watch as soon as possible.

Do you know Mr. Rogers?

If you are or were in USA, you may know it.

He is a host and producer of a program for children, “Mr. Roger’s neighborhood” that have been loved for a lomg time, Mr. Fred Rogers.
 
When I was about 13 years old and took me to travel in America, I got to know Mr. Roger’s program. I often woke up early, about at 5AM whenever I went traveling,  I changed channels with wondering if they have funny shows.
Then, this is the program that I found by chance.
 
I didn’t understand English at all, but he shows daily life and stories with movies or puppets.
The most what I remember is this gentle man, Mr. Rogers. He always talked slowly and peacefully with smiling, I didn’t understand what he said, but I felt he is a real good person intuitively.
 
After that, I always watched this show every morning while I traveled.
At the beginning, the beautiful and gentle melody by piano and music box start always, and Mr. Rogers starts to sing.
Always it begins when he comes from entrance to living room, and Mr. Rogers puts back his jacket into a closet then wears his cardigan, he sits on a sofa. Then still with singing, he changes his shoes to his slippers and sit back, he starts to talk today’s theme.
 
The puppet show was on air among his talking always, the puppets looked very old, but I felt something nostalgic very much.
 
Not only Mr. Rogers, but also his neighborhoods come to visit to his home.
 
Except theme song, he showed many things with singing.
 
It is very tender and heart warming show indeed. Although, I watched it for a week, but I felt this show is full of love.
 
I think about this show again, he described what the good communication is, and how we support each others though this show. Besides, the most what he wanted to say is he likes everyone truly, even though there is a screen between us.
 
After that, I still remember Mr. Rogers in my mind and have missed this show whenever I grow up. Then I wonder if I can watch this show on some internet services now, I tried to search, I found Amazon prime has his documentary program.
 
 
After I watched this program, I understood why his show has been in my memory still now and why I liked it.
I didn’t know the details at that time, he talked about “death” and “divorce” etc, some serious topics that is hard to understand for children. Also he cared racism matter.
 
This show was on air in every morning from 1968 to 2001. Sadly, Mr. Rogers passed away in 2003, but his words has powerful meaning remarks to each hearts still now.
 
Now it is available to watch past episodes in official web site, also. Not all of the episodes but it seems to be updated every week.
 
 
Nowadays, the shows like this are lost, it makes me to feel saad.
I hope you to watch this documentary program because of today’s era. There is something same regardless
At least, please watch it now!

 
今、一番、すぐにでも見てもらいたい、ドキュメンタリー番組があります。
 

皆さんはMr. Rogersを知っていますか?

彼はアメリカの子供向け人気長寿番組、「Mr. Roger’s neighborhood」の司会者であり、製作者である、Fred Rogersです。
 
Mr. Rogers(ロジャースさん)の番組を知ったのは恐らく13才くらいの頃、たまたまアメリカ旅行に連れていってもらった時に知りました。旅行の時になると、朝5時くらいから目が覚めて、アメリカの子供番組で何か面白いのあるかなと、ホテルのテレビをチャカチャカ替えていました。
その時、偶然見つけたのがこの番組でした。
 
英語は全然分からなかったけど、映像や人形劇で日常生活やお話を紹介していました。
何より一番記憶に残っているのは、このロジャースさんです。いつもにこやかで静かにゆっくり語りかけるように話し、意味は分からないけど、直感的に、このひとは本当に良いひとだなあと感じました。
 
それからは旅行中、毎朝見ていました。
いつもピアノとオルゴールの美しくて優しいメロディーから始まって、ロジャースさんがオープニングテーマを歌い出します。
いつも玄関から居間に入る所から始まって、ロジャースさんがクローゼットにジャケットをしまって、カーディガンに着替えた後、ソファーに座ります。そして歌いながら靴をスリッパに替えて、座り直した後、そこから今日のテーマを語り始めます。
 
人形劇がいつも間に入って、かなりくたびれた人形だなあと思いながらも、とても懐かしい感じがしました。
 
ロジャースさんだけでなく、ご近所のお友達もロジャースさんのうちに遊びに来ます。
 
テーマソング以外にも歌で色んなことを紹介していました。
 
それは見ていて、本当にほっとするものでした。1週間しか見てないけど、優しさに溢れている番組だと思いました。
 
今思うと、そうして良いコミュニケーションがどんなものか、他者とどう協力できるのかを紹介していたんだなと思います。そして何より、ロジャースさんが本当にみんなのことが大好きだと、例えテレビ画面越しでも、その愛情を伝えたかったんだと感じます。
 
中学生以降も、ロジャースさんのことはずっと記憶にあって、年齢が上がるにつれて、この番組が懐かしくなりました。今だったらどこかのネットサービスで見れるかもと思い、調べてみた所、Amazon primeでドキュメンタリーを見つけました。
 
 
このドキュメンタリーを見た時、なぜこの番組が記憶に残るのか、好きだったのか理解できました。
当時は知らなかったのですが、「死」・「離婚」など、子供にとっては少し難しいような話もしていたそうです。また人種差別問題も危惧していました。
 
この番組は1968から2001年まで毎朝放送されていました。残念ながら、ロジャースさんは2003年に他界されてしまいましたが、彼の言葉は今でも心に刻まれるものがあります。
 
また、オフィシャルサイトで、昔のエピソードを見ることができます。全部ではありませんが、毎週更新されるようです。
 
 
少なくとも、このドキュメンタリーだけはぜひ見てみてください!
今の時代だからこそ、見てほしいと思います。国に関係なく、共通のものがあります。
最近はこういう番組がなくなってしまったのが、とても悲しいです。
 
Amazon 日本 のprime配信は11月7日までですので、ぜひ今日にでも見てみてください!
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました