Memory of Marseille / マルセイユの思い出

※日本語は英語の下に記載。

These days, I have remembered memories about where I traveled before.

In May 2 years ago, I traveled alone in France for about 3 weeks. It may sound I m kind of gorgeous, I really thank heaven for having traveled, but I have never had long off since I graduated from university. The longest off was 5 days.

I was excited because it was a first time to have a long travel. Besides, it’s France! I love musicals very much as crazy for, and when I watched ‘Funny Face’ at university student era made me admire to visit Paris someday.😆(I love Fred Astaire and Audrey Hepburn, also!😍)3 years ago, it was a first time to travel in Paris and stayed for 1 week but it was not enough to see Paris so I have been hoping to visit again. For this reason, I chose to work as temporary at only that time.

At first, I planned to watch Paris only but I changed my mind to visit South France also because it was very great opportunity. For 4 days in the middle of weeks, I stayed in South France.

From Avignon, I visited Arles, Provence, Marseille and around there. Every place was wonderful and hope to visit again, but Marseille was remarkable place especially. Marseille is a port city and has cruise tour to Calanques, the beautiful seashore and a magnificent cathedral, Basilique de Notre-Dame de la Garde.

One of my main France travel plan is to visit cathedrals and churches in each cities. Even in a small town, there is a church and I feel its history and memories.

In Marseille, this cathedral is very famous and it is related to sea. On the top of the tower, there is a statue of Madonna and Child and they face to the sea. They watch over this city and ships out at the sea. 

From the cathedral, you can see whole of the sea and city. This is the oldest port. I love sea and port city.

Whenever I go to sea, I remember my grand father. In my childhood, I went and played at local beach in every summer holidays. Besides, my grand father went to WWⅡ as a navy when he was a high or university student. I have never heard about the war from him when he lived. I think something made me to hesitate to ask or I didn’t ask.
Once, I have heard about it from my mother. He was on a ship as a navy, some incendiary bombs flied over in midnight, but it dropped next to his room and his room was saved.

I haven’t heard except this story but I may have felt it is enough to know about it.
About the war, I learned at class, with books, movies and so on. I have visited Hiroshima and Nagasaki as school trip, also. Not only about Japan, but also other countries.
I can imagine. And it is terrible ever. I can’t find any other words to explain this.

Then I feel like my chest shrink tightly when I imagine his feeling at the moment. Perhaps, his next room may be a warehouse. It’s not sure.
He was being of difficult sometimes, but I love my grand father. Still now, I have worried if I made him happy till his last day.

I always remember my grand parents and when I go to the sea, I remember him more. I felt like taking him to travel, kind of. Because of this reason, maybe, I wonder if he watch same views while I travel. Especially at the sea.
So, at this moment, I took a walk in the cathedral in Marseille with this feeling.

I visited a souvenir shop at the cathedral and chose medal, médaille. Then I met a very kind staff there. A madam looked very lovely. She helped me to choose medal and I told I’m from Japan. By chance, she had a friend in Japan and started to talk about her friend, but she stopped to talk suddenly. I wondered if she is fine, but she continued to talk hardly. Her friend was a girl like university student and her pen pal so sent letters to each others , but one day, her parents gave letter to her and it said she past away. She seemed to have a serious disease. It was many years ago, but she said she can’t forget her friend still now.

When I heard that story, I couldn’t stop my tears out and we both shed tears at the counter.  (A woman next to her looked us with frowning like “What’s happened?”😌)

Her memory is not same as about my grand father, but I felt we shared same emotion at that time. I can’t find words to explain well, but I felt happy to share something or understand each others.

Then I talked about Japan and my hometown, now we get in touch via mail since I backed to Japan. I’m worrying about France not only Japan. And also all over the world.

Not only COVID,  but also there are so many issues in the world present. Too many. Of economy, environment, discrimination, IT and so on. Still now, some wars exist. I hate war. The things that are related to, also. No one likes wars I believe. But I feel so strong whenever I remember my grand father. So I believe we never have to do that again. So we have to have hard efforts to sustain peace. Because our grand parents generations, not only in Japan but also other countries, had hard effort for it, we have now, I suppose. So we don’t have to waist it, I believe. Have to save goodness and change the world better.

Anyway, that meeting was a miracle. I will meet her again!💖
Not only this, but also France has lovely things a lot and there are great friends, so I want to visit there again! Besides, I hope many to travel in Japan again. So I really hope we could improve COVID and this situation soon.
About my diary of this visiting is here.

最近、ひさしぶりに前の旅行した場所に思いを馳せています。

2年前の5月、フランスをひとりで3週間ぐらい旅行していました。そう言うと、すごく贅沢に聞こえるかもしれませんが(旅行できたことにとても感謝しています)、大学卒業してから、それまであまり休みを取れたことがありませんでした。長くて5日間。

こんな長期旅行は初めてでワクワクしていました。しかもフランス!私はミュージカルが大好きなのですが、大学生の時に「Funny Face」を見て以来、いつかパリにも行ってみたいと憧れてました。😆(フレッド・アステアとオードリー・ヘプバーンも素敵!!😍)3年前に初めてフランスに行ったのですが、1週間とパリを見るには全く足りなかったので、また行きたいと思っていました。そのために、その時だけは短期派遣の仕事を選んでいました。

最初はパリをじっくり回ろうと思っていたのですが、途中からせっかくだから、南も行ってみようと思い、急遽プランを変更。中4日間を南仏旅行に充てました。

アヴィニョンを起点にして、アルル・プロヴァンス・マルセイユとその周辺を巡りました。どの場所も素晴らしくてまた行きたいのですが、特に思い出深い場所がマルセイユです。マルセイユは港町でカランクという海が美しい海岸を巡るクルーズツアーがあり、荘厳なバジリカ大聖堂があります。

フランス旅行のメインのひとつは各地の教会巡りです。どんな小さな町にも教会があってそれぞれの歴史と趣を感じます。

マルセイユではこのバジリカ大聖堂がとても有名で、またここは海にちなんだ場所でもあります。大聖堂の塔の一番上には聖母子像があって、海を向いています。街と航海に出た船を見守っているのです。
大聖堂からも海と街が一望できます。フランス最古の港です。海も港町も大好きです。

海に行くと、おじいちゃまのことを思い出します。小さい時、地元の海に休みのたびに遊びに行きました。それに祖父は学生の頃、第二次世界大戦の最中でもあり、海軍に配属されていました。生前、戦争の時の話は一度も聞いたことがありません。私自身も聞かせてとは言えなかったのか、言いませんでした。
一度だけ母からその時代の話を聞いことがあります。海軍として船に乗っていた時、夜中に焼夷弾が飛んできたが、隣の部屋に落ちて、祖父の部屋は無事であったと。
それ以上は聞いていませんが、自分にはそれで知るのに十分だったのかもしれません。
戦争のことは学校の授業や本とか映画で学びました。修学旅行で広島と長崎を訪問したこともあります。日本のことだけでなく、その当時の他の国々に対しても。
想像はできます。そしてそれはとても恐ろしいです。それしか言えません。
そして祖父のその時の気持ちを考えると胸がきゅっと縮こまった感じがします。もしかしたら祖父の隣の部屋は倉庫だったかもしれない、わかりません。
気難しいところもありましたが、私は大好きでした。でも今でもしばしば悩みます、私は最後まで祖父を幸せにしてあげられたのかと。

祖父母たちのことはいつも忘れていませんが、海に行くとより、この祖父のことを思い出します。旅行に連れてってあげたかったなとか。だからでしょうか、旅行してると祖父も一緒に同じ風景を眺められてるかなとか、そんな気持ちになります。特に海に行くと。
だからこの時もそんな気持ちでこのマルセイユのカテドラルを歩いていました。

途中、大聖堂のお土産屋さんに寄って、メダイを選んでいました。そしてそこで親切な店員さんに出会いました。素敵なマダムでした。彼女は私がメダイを選ぶのを手伝ってくれ、私は日本から来たと言う話をしました。偶然その方もお友達が日本にいたそうで、その話をし始めてくださったのですが、急に言葉を詰まらせてしまったのです。どうしたのかと心配になってしまったのですが、その方は懸命にも話続けてくださいました。聞くと、そのお友達は大学生ぐらいの女の子で文通相手だったそうで、よく手紙をやり取りしていたそうなのですが、ある時その女の子の両親から手紙が来て、その女の子がなくなつてしまったことが書かれていたそうです。かなりの難病だったそうです。何年も前の話だそうですが、今でも忘れていないとおっしゃっていました。

それを聞いたら私も涙が溢れて止まらなくなってしまって、二人でお店のカウンターで泣いていました。(隣の店員のおばさんは何事かとけげんそうな顔で見てた。😌)

私の祖父の話とは全然違うかもしれないけど、同じ感情を共有していました。上手く言えないのですが、何か分かち合えた、分かり合えた気がして、それがとても嬉しかったのです。

それから日本の地元の話もして、帰国してから時々メールで文通しています。日本も心配だけど、フランスも心配です。世界中。

コロナだけじゃありません。それ以外にも沢山の問題があります。ありすぎます。経済、環境、差別、IT、色々。今も紛争や戦争があったりします。戦争は大嫌いです。それに関わるものも。誰も好きなひとなんていないと思いますが。でも祖父のことも思い出すと、さらにそう強く思います。だからこそ繰り返してはいけないと思います。だから平和を維持するために努力しなくちゃいけないと思います。日本だけじゃなくて、どの国でも祖父母たちが頑張ってきたから今があると思う。だからそれを無駄にしてはいけないと思うのです。良いものは残しつつ、良い世界に変えていかないとと。

とにかく、私にとっては奇跡的な出会いでした。また会いに行きます!💖
それ以外にもフランスには素敵なものが沢山あるし、素晴らしい友人たちもいるので、また行きたい!それに多くの方にまた日本を訪れてほしいと思います。なのでまず早くコロナとこの状況が改善できたらと願います。
2年前のマルセイユ旅行記はこちら

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました