Good books for learning Politics /おススメの政治学入門書

※日本語は英語の下。

Today, I want to introduce a few books.

This is “What is Politics?” by Bernard Crick, who was a British scholar of Politics.

I studied about Politics at university and especially learned about Politics of USA and Globalism. I said “learned” but I feel it was not enough indeed so much, still now.

Recently, I was wondering if my professors are doing well, and checked web site of university. I said “Oh, I remember these classes.” in my mind while I look at, my eyes stopped at my professor Tomio Akimoto’s profile. There is this sentence. “I would like to introduce some words by Bernard Crick, a typical scholar of British Politics. ‘Politics and love is unique objects that make binding people freely possible'”.

Professor Akimoto taught my introduction for Politic class when I was a 1st grade and he studies British Politics mainly. I had to choose which course I take when I was 3rd grade, and I was interested in Politics itself a lot but I was interested in Global Politics more so I got his class when I was a 1st grade only.
I couldn’t remember at all if I heard this words from him at that time, maybe I might not have focused on his talking.😅, but his class is always fun and I got interesting learning in it a lot.

Once, many years ago, I found an European poetry said quote kind of “Politics and love is unique required objects in the world” and this was remarkable so stays in my head still now. I got to want to know about Mr. Crick more then started to search.

His name is Bernard Crick and according to wikipedia, they said as below.

Sir Bernard Rowland Crick (16 December 1929 – 19 December 2008)[1] was a British political theorist and democratic socialist whose views can be summarised as “politics is ethics done in public”. He sought to arrive at a “politics of action”, as opposed to a “politics of thought” or of ideology, and he held that “political power is power in the subjunctive mood.”[2] He was a leading critic of behaviouralism.

It made me to have more interests in reading his books and searched them in internet so I found a nice book. This is “What it Politics?”.
I read once, this is amazing, really amazing so far!✨
I read postscript also, I understood he is a great scholar in Politic studying. Especially, his Citizenship is very remarkable.
What the best of this book is, this tells about Politics easily to understand as liberal arts  but doesn’t as studying looked like hard subject. This book is not like telling summery with technical terms only, but this describes what Politics is, about its history and present issues as easy to understand. This is not for scholars but students or whom has interests in Politics just now. So you can understand why Politics is needed.
To say more, you will understand what the issues are and what is needed for today’s society.

This book is thin paperback so it won’t take much time to read. 
In fact, you may find difficult definitions and terms although this is written with fewer technical terms than other books. Even me, I have many things not to understand enough. But if we read it again and again with checking the terms, it will be more understandable. This is a good part of books that we can read over and over!🤩
I have been thinking for a long, I think Politics has been looked as studying too much for a long time and hasn’t been looked as common topics. But it has to be common in fact.

This book is easy to understand for beginning! So please try to read this once!

In addition, I’m thinking about describing this contents by each section, as for my learning. Try to read them once, if so.😄

Bernard Crick wrote more books, not only this.

This is written in English and thin paperback. This introduces summery of Democracy. Now, I’m struggling to read this, so I would like to describe this when I finished to read.💦

Then one more book.
This is textbook of my seminar when I was at 3rd grade.

This is “The Challenge of Global Capitalism, the world economy in the 21th century” by Robert Gilpin.
My seminar’s Professor Masahiro Fukushima studies about Globalism and I heard this author’s name in many times at his class. Robert Gilpin is one of authority scholars in International Politics. This book was written about 10 years ago, but this contents matches present so well. You will understand present world issues better with this book. Economy and Politics are a couple, can’t separate. Then it can be said economy is the root of any issues of the world, plus to manage the rules and make a good valance for economy is function of Politics. This book is not thin and a little hard to read but I’m going to describe about it if I have more opportunities.

Professor Fukushima’s class was also fun very much and I got good learning in his class a lot! He has good studying about Mahathir, the former prime minister of Malesia, and talk about his staying in Malesia was so interesting!😆

Because I met these two professors, I got to learn about two types of Political studying ideas, one is British, study as idea and another one is American, studying as science. These two idea is important for both and as if I say as Bernard Crick, it is not important to say which is right and it is important to lead the solutions depending on the situations, I believe.
To say more, this Politics idea’s roots come from France, other European countries and Rome. There is no end to learning because the subjects are too many…💦But it is the easiest to get to know from where you are.😀
These two are very charming and great professors for me. I have met a few times since I was graduated from university and get contacts still now thankfully. They are really great teachers. I hope to see them soon again.
Anyway, I really hope this covid and situation get better soon.

FYI: My professors page are below.
Tomio Akimoto : Tokai University Department Politics of Politics and Economy
Masahiro Fukushima : He retired from university from 3 years ago, so web site is not available now but he continues his studying still now. He has twitter so please check it! He shares hot topics that it is needed to know. (Sometime, you will find cats news, because he loves cats!😸)
These books are available in Amazon.

 


今回、特に紹介したい本があります。

こちらはバーナード・クリックさんという、イギリスの現代政治学者が書かれた、現代政治学入門という本です。

私は大学時代、政治学で特にアメリカの政治やグローバリズムについて学んでいました。学んでいたと言っても、今でも勉強は足りなかったとつくづく思います。

最近、お世話になった先生どうしてらっしゃるかなあと思い、大学のHPを見てみました。そうだ、こんな授業あったなあとか思い出しながら、秋本先生のプロフィールに目が留まりました。そこにはこんな言葉がありました。「現代英国の代表的政治学者、B・クリックの言葉を紹介したいと思います。『政治と愛は、自由な人間同士の束縛を可能にする唯一のかたちである。』」

秋本富雄先生は私が大学1年生の時の政治学入門のゼミの先生で、イギリス政治の研究が専門でした。3年生の時に、どのコースをとるか選択するのですが、私は政治基礎にも大変興味はあったものの、国際政治により強い興味があったので、先生の授業を受けたのは1年生の時だけです。

あの当時、この言葉を先生から聞いたのか、全く思い出せないのですが(授業に集中してない。😅)、先生の授業はいつも面白くて、興味深い学びがたくさんありました。

以前、私はどこかで「世の中に必要なものは愛と政治である。」と、欧米のどこかの詩人が言っていた言葉を見て、それがとても印象的で、頭に残っていました。

そこでこのB・クリックさんがどんな方なのかとても気になって調べ始めました。

お名前はバーナード・クリックさんと言って、wikipediaによると以下のような文が見つかります。

ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)卒業後、ハロルド・ラスキおよびマイケル・オークショットに師事し、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで博士号取得。ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス講師、シェフィールド大学教授を経て、ロンドン大学名誉教授になった。

ブレア政権が設置したシティズンシップ教育に関する委員会の委員長を務めたほか、成文憲法制定を求める「憲章88運動」に関わるなど、その活動はアカデミズムの領域にとどまらなかった。

さらにこの方の本が読みたくなったので、インターネットで調べたところ、素敵な本を発見。それがこの「現代政治学入門」です。
一読したのですが、素晴らしい、素晴らしすぎる!✨
本の後書きを読んでも、とにかく現代政治研究学研究の中ですごいひとだということが分かりました。特にシティズンシップ論が素晴らしい。
この本で何が一番すごいかと言えば、難解な学問に見られがちな政治学を学問ではなく、一般の教養として、分かりやすく解説しているところです。専門用語でただ概要を述べているのではなく、政治がどんなものか、歴史、今の問題点を分かりやすく解説しています。学者向きではなく、大学生や政治に興味を持った方に対して。だからこそ、なぜ政治が必要なのかが分かる本です。
さらに言えば、今の社会の問題点そして何が必要なのかが分かってきます。
この本はとても薄い文庫本なので、読むのにもそんなに時間がかかりません。
確かに専門用語は他に比べて少ないものの、わからない定義や言葉はあります。私でもまだ十分理解できていないところがあります。でもそれは調べながら何度も読み返すと、わかるようになってきます。何度も読み返せるのが本の良い所です!🤩

ずっと思っていたのですが、これまで政治というものが学問として捉えられすぎていて、身近なものとして見てもらえていないような気がしました。でも本当は身近でなくてはいけないのです。

でもこの本は入門として分かりやすい!なのでぜひ一度読んでみてください!

それから、今度、私の学習がてら、この本の内容を一章各に解説する記事を書いてみようかと考えています。その時はぜひご一読ください。😄

バーナード・クリックさんの本は他にもあります。

こちらは英語ですが、とても薄いペーパーバックです。民主主義についての概要を紹介している本です。只今、読解に奮闘中ですので、こちらは読み終えてからご紹介したいと思います。💦

それから、もう一つ。
大学3年生の時に選択したゼミで使用していた教科書。

こちらはロバート・ギルピン著、グローバル資本主義「危機か繫栄か」という本です。
ゼミの担当の福島政裕先生はグローバリズムを専門に研究されており、この作者の名前も授業で度々聞きました。このロバート・ギルピンさんも、国際政治研究の権威のひとりです。この本は約10年前に書かれたものですが、内容はまさに今の時代にぴったりだと言えます。今読むと、今日の世界が抱える問題がよくわかってくると思います。経済と政治は切り離せない。そして経済が結局すべての問題の根っこにあると言えます。そのルールを管理して、良いバランスを作るのが政治の機能です。こちらは分厚いので少し難しめ。でも機会があれば紹介したいと思います。

福島先生の授業もとても面白くて、興味深い学びが沢山ありました!マレーシアのマハティール元首相の政治研究にも詳しく、マレーシア滞在中のお話とかすごく面白かった!😆

おふたりとも、とてもチャーミングで素晴らしい先生です。
おふたりの先生にお会いできたことで、イギリス型政治学(概念的な考え方)とアメリカ型政治学(科学分析的な考え方)の二つを学ぶことができました。その考え方はどちらも大切で、バーナード・クリックさん的に言えば、どちらが正しいというのではなく、状況に応じて解決策を導き出すのが政治だと私も思います。
さらに言えば、フランスなどの欧州、そしてローマからその概念のルーツがあります。トピックが深すぎて終わりがない…。💦でも身近なところから知ってみることが一番簡単です。😀
大学卒業してからも何度かお会いして、今でも連絡取らせていただいてる、本当にいい先生です。また会いたいなあ。
とにかく、早くコロナとこの状況が良くなることを切に願います。

ちなみに先生方のページはこちらです。
秋本富雄先生 : 東海大学政治経済学部政治学科のサイト
福島政裕先生 : 3年前にご退職されていらっしゃるので、大学のページはありませんが、今でも活動を続けていらっしゃいます。twitterを更新してらっしゃるので、ぜひそちらもチェックしてみてください!今見るべきホットなトピックを発信をされています。(ネコがお好きなのでネコニュースもあります!😸)
またAmazonでこれらの本は購入できます。

 

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました